【ドイツ産まれの柴犬・姫との生活#34】犬の見本市には日本犬の姿も
スポンサーリンク

海外、特にヨーロッパで柴犬の人気が高まっている、などの情報をよく耳にします。たしかに2009年に公開されたアメリカ映画『HACHI 約束の犬』の影響で日本犬の認知度はかなり上がり、賢い犬という印象をもった人が多いようです。

柴犬は秋田犬の仔犬だと思われている

ここドイツでは秋田犬は広く知られているようですが、柴犬の認知度はまだまだです。『HACHI 約束の犬』で秋田犬・ハチ公の愛らしい仔犬時代を柴犬が演じたため「Shiba InuAkita Inuの仔犬」と思い込んでいる人も少なからず存在しています。

姫さんも「ハチ」や「アキータ」と声をかけられることがよくあり、「まだ若い(仔犬)なんでしょ?」と聞かれます。秋田犬を知らない人はミニのハスキーと思うようですよ。まぁ一番言われるのは「Fuchs(キツネ)!」ですけど🦊

見本市のコンテストに参加していた秋田犬

スポンサーリンク

見本市のコンテストには日本犬も参加

姫さんを家族に迎える前に『犬とペットの見本市』に行ったことがあります。2日間にわたり犬種毎のコンテストが開かれており、場内には小型犬から大型犬までありとあらゆるワンコさんの姿がありました。狼犬のカッコ良さに釘付けになっちゃいました🐺

コンテストの参加犬数が多い上位3種はダックスフンド(167匹)、ゴールデン・レトリバー(140匹)、ダルメシアン(124匹)。ドイツ国内の飼育頭数も多いと思われます。

日本犬は秋田犬(41匹)、柴犬 (13匹)、日本チン(12匹)、土佐犬(8匹)、日本スピッツ(3匹)、甲斐犬 (2匹)が エントリーしていました。出場しているのは主にブリーダーさんのようで、柴犬は隣国からの参加組もいたようです。どの柴さんも小ぶりな可愛い豆柴さんでしたよ。

かっこいい狼犬達

チケットを買えばワンコも入場可能

この見本市では75%が犬関連でしたが、他に猫、ウサギ、アルパカ、ヤギなどもいました。これらの動物は購入も可能のようでした(欲しかったら貼られている電話番号などに連絡)。

ワンコも入場料がかかるけど、無料で歯のチェックを受けられたり、雑誌の表紙のような写真が撮ってもらえたり、ドックダイビングで遊べたりします。他にはペットフードやおもちゃなどもいろいろ販売されていました。今度は姫さんを連れて行きたいですね。

黒柴の仔犬も会場に遊びに来ていた

スポンサーリンク
おすすめの記事