【ドイツ産まれの柴犬・姫との生活#15】こだわりはないのに食の好みが難しい!
オヤツも好みがわからないのでイロイロ試しまくり
スポンサーリンク

私達夫婦は年に1回、3週間ほど日本に里帰りしています。その間姫さんは預かってもらわないといけないので、メインの食事は手作りではなく与えやすいカリカリ(ドライフード)にしました。
元々食に執着のないタイプのワンコさんだったようで、ちゃんと食べてもらうのはちょっと大変です。ここ1か月くらいは寒くなって来たからなのか、モリモリ食べる日が多いですが~

食べさせてくれたら食べてもイイです?

朝食はカリカリです。ちょっと匂いを嗅いで「これですか...」と別の場所に移動してしまい、すぐに自分から食べることは稀です。

1粒ずつお口に運んであげるか、投げてキャッチする遊びをしながらだと食べてくれますが、放置していると夜までそのまま。翌朝まで持ち越しの事もよくありますね。

食べ物よりも靴下の方が好き?

スポンサーリンク

カリカリは1粒ずつチマチマと食べたい

“モリモリの日”も1粒ずつゆっくりと食べています。がっついている姿は見たことがないかも?愛犬を連れて遊びに来てくれた日本人女子も「こんなに食べない子は初めて!」と驚いていました。

カリカリなのに噛まずに食べてしまうので、大きい形状のものも試してみたのだけど、大きさに関係なくほぼ飲み込んじゃいます。噛むのが好きじゃないのかな?

種類もいろいろ試したけど、特別にこだわりはないようです。当初はちゃんと計量してあげていたのだけど、食べ過ぎることはなさそうなので量は適当になっちゃいました。

いろいろ試した結果、このお得なカリカリがメインに

オヤツもその日の気分で好みが違う?

カリカリだけだと何も食べてない状態になりかねないので、ランチはジャーキーなどオヤツを数種類食べています。けっこう好きなオヤツもあるのだけど、それも気分によっては食べなかったりします。

オヤツばかりだと栄養も添加物も気になるので、ワンコさんの腸内環境を整えるのにも良いと教えてもらったクヴァルク(ドイツのフレッシュチーズ)と卵、小麦粉、人参などの野菜を混ぜて焼いたミニミニパンケーキとお肉などもあげるようにしています。

犬用の生肉(冷凍で売られているもの)は食べても少量で、出しっぱなしにしていると痛むのが心配なため、焼いたり茹でたお肉をあげることが多いです。これも美味しそうに食べる日が続いたので好きなのだろうとあげつづけると、まったく興味を示さなかったり。食の好みが難し過ぎます!

オヤツも好みがわからないのでイロイロ試しまくり

スポンサーリンク
おすすめの記事