ペット先進国ドイツで売れているドッグフード「HAPPY DOG」とは?
スポンサーリンク

私たちが住んでいる日本は、ペット先進国とはいえません。
ドイツやアメリカなどに比べたら、まだまだペット後進国です。
今回は、ペット先進国であるドイツで売れているドッグフード「HAPPY DOG」についてご紹介します。

ドイツのペット事情について

ペット同伴が当たり前

ドイツは犬を完全に家族と同等に扱われているため、さまざまな場所で犬を見かけます。

電車や飲食店などでも犬と一緒に乗り込んでいることが多く、日本とは扱いの違いがわかるでしょう。

しかし、これらはすべてしつけがしっかりとされていることが前提です。

犬を大切にしているドイツですが、しつけがされているからこそ、さまざまな場所に犬と行くことができるのでしょう。

犬のしつけに対する意識の違いも、日本とは異なるといえそうです。

犬は法律で守られている

日本では、2021年現在において犬を傷つけてしまっても器物破損として扱われます。

しかしドイツは、世界で初めて動物愛護法を取り入れており、しっかりと法律で犬が守られています。

これは世界的に徐々に変わっていくでしょうが、犬を守ることへいち早く行動を示したドイツは、やはりペット先進国といえるでしょう。

スポンサーリンク

ドイツで製造されているドッグフードについて

ヒューマングレードの食材を使用する

ドイツで製造されるドッグフードの基準は、かなり厳しいです。

第一に、人間が食べられる食材でなければなりません。

日本で販売されている格安なドッグフードのように、犬用として扱われる食材は使用することができないのです。

合成添加物を使用していない

ドイツのドッグフードは、合成添加物も使用することができません。

また、遺伝子組み換えの食材も使用することができないため、自然と犬の身体に良いとされるものになります。

これらのことがあり、ドイツ製造のドッグフードは世界中で人気となっているのでしょう。

ドイツで売れているドッグフード「HAPPY DOG」とは?

ドイツでもっとも信頼されているドッグフードのひとつ

HAPPY DOG」は、ペット先進国のドイツでもっとも信頼されているドッグフードのひとつです。

地元で調達した、新鮮で安全な食材をふんだんに使用してオリジナルレシピで調理しています。

もちろんドイツのバイエルン州の自社工場で製造されているため、合成添加物や遺伝子組み換え食材は一切使用していません。

厳しい基準をクリアしたドッグフードの中でも、特におすすめといえるでしょう。

野菜や果物、ハーブなども組み合わせている

犬は肉食動物ですので、肉や魚を食べなければ健康的に生きていくことができません。

しかし、肉ばかり食べていると消化しにくくなってしまうため、栄養バランスも考える必要があります。

HAPPY DOG」は、新鮮な肉や魚のほかに野菜や果物、ハーブや植物オイルを組み合わせているため、消化に優しく健康的なドッグフードといえるでしょう。

↓購入はこちらから↓



ドイツNo.1無添加ドッグフード【HAPPY DOG】

まとめ

ペット先進国であるドイツでは、日々の生活はもちろんドッグフードにまで気を配られています。

私たちが住む日本でも、「犬は家族同然」という考えの愛犬家が多いでしょうが、国としてはそう見ていません。

今後は犬たちの扱いがさらに良くなることを期待しつつ、いま選べる最良のドッグフードを愛犬に与えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事