犬がおもちゃを放してくれない?放せのしつけ方法
スポンサーリンク

犬と楽しくおもちゃ遊びをしているとき、犬がなかなかおもちゃを放してくれないことはありませんか?
犬とおもちゃの引っ張り合いは、コミュニケーションをとる上でとても大切なことです。
しかしおもちゃを放してくれないと、おもちゃが壊れてしまったり、しつけがスムーズにいかなくなってしまいます。

「放せ」のしつけ方法

まずは犬とおもちゃ遊びをする

「放せ」をしつけするには、まず犬におもちゃを噛んでもらわなければなりません。

そのため、まずは犬とおもちゃ遊びをしましょう。

おもちゃに興味がない犬には、おもちゃにロープなどをつけて猫じゃらしのようにして遊ぶと効果的です。

犬の口内に手を入れる

犬に放せを教えるのは、とても簡単です。

おもちゃを咥えている犬の口内に手を入れてしまえば、必然的におもちゃを取ることができます。

そのため、「放せ」や「出せ」とコマンド(命令)をした後に、犬の口内に手をねじ込みましょう。

すると犬は口内に違和感があるため、おもちゃを放してしまいます。

そこで犬のことを思い切り褒めてあげましょう。

ちなみにここでご褒美として咥えていたおもちゃを投げてあげると良いです。

そうすることで、犬は「おもちゃを放してもまたもらえる!」と認識するようになり、おもちゃを放しても飼い主に取られないと考え、スムーズに放してくれるようになります。

「放せ」をしつけするコツ

犬に放せをしつけするのは、とても簡単だということがわかっていただけたはずです。

しかし、コツというか、放せをしつけする上でひとつおすすめの方法があります。

それは、軍手を着用して行うことです。

犬の口内は、犬の歯があたるため思った以上に痛いです。

そのため、軍手を着用して放せのしつけを行うことで、ストレスなくしつけに臨むことができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬がスムーズにおもちゃを放してくれたら、いっしょに遊ぶことがさらに楽しくなるでしょう。

はじめのうちは犬に噛まれてしまいそうで少し怖いかもしれませんが、それも軍手を着用して行うことで解決します。

放せをしつけすることは、犬が興奮してなにかを噛んでしまったときなどにも有効です。

そのため、なるべく早めに放せをしつけし、お互いに快適に生活することができるようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事