犬は鼻が乾くとダメって本当?鼻が乾燥したときの原因と対処法
スポンサーリンク

犬の鼻が濡れているかどうかは、健康のバロメーターと言われます。
しかし、なぜ犬の鼻は濡れているのでしょうか?
もし、愛犬の鼻が乾いていたら、どうしたら良いのでしょう?
この記事では、犬の鼻が乾いたときの原因やケアについて解説します。

犬の鼻が濡れている理由

においを感じるため

犬は鼻腔の内側だけでなく、外側でもにおいを感じるそうです。

また、水分には、においの成分を吸着する働きがあります。

そのため、鼻の表面が濡れた状態では、においを感じやすくなるでしょう。

さらに、鼻の表面が濡れていることで、風向きを知ることができるようです。

犬がにおいの方向を追うことができるのは、このためだと言われています。

体温調整のため

人は、汗が蒸発することを利用して体温調節をしています。

しかし、犬の身体には、人間ほど汗腺がありません。

そのかわりに、口や鼻、肉球から水分を蒸発させて体温を下げています。

しっかりと体温調節するために、鼻は常に湿っていることが大切です。

スポンサーリンク

犬の鼻が乾燥する原因

休息をとっている

健康な犬の鼻は、湿っていることが多いでしょう。

それが広く知られているため、犬の鼻が乾いていると体調不良と思われがちです。

しかし、家で安心して休んでいるときや寝ているとき、犬の鼻は乾くことがあります。

それは、注意深くにおいを嗅ぐ必要がなく、快適な温度が保たれているからです。

鼻が少しカサカサしていても、かならずしも病気というわけではありません。

脱水状態になっている

犬の体内で水分が不足すると、鼻の表面に充分な水分を分泌できません。

そのため、犬が脱水状態になると鼻が乾燥してしまいます。

そのほかの症状は、息切れや口腔内の乾燥、よだれのべたつきなどです。

脱水状態に陥っているか確認するには、犬の首を優しくつまんでみてください。

1秒ほどで完全に戻らなければ、脱水状態になっている可能性があります。

空気の乾燥や紫外線

寒い時期は空気が乾燥しているため、犬の鼻が乾燥しやすいでしょう。

さらに、犬が暖房器具の近くで過ごすと、熱や風で鼻の水分が奪われます。

また、強い日差しにも注意が必要です。

人は日焼けをすると、皮がむけたり、皮膚が乾燥することが多いでしょう。

それと同じく、紫外線が強い環境で長時間過ごすことも、鼻の乾燥につながります。

病気の可能性も

アレルギーや皮膚の病気でも、犬の鼻が乾燥することがあります。

たとえば、角化症や自己免疫性疾患は、鼻の乾燥につながる病気です。

また、発熱により体温を下げる必要があるときも、鼻が乾燥します。

そのほか、下痢や嘔吐で体内の水分が失われている可能性もあるでしょう。

息が荒かったり、普段と様子が違ったりしたら、獣医師への相談をお勧めします。

犬の鼻が乾燥したときの対処法

水分補給や保湿

体内の水分量が減ると、犬の鼻が乾燥する原因になります。

水をあまり飲まない場合は、ドッグフードをふやかして与えると良いでしょう。

食事と同時に、水分を摂取させることができます。

また、空気の湿度や加齢が原因の場合は特に、鼻の保湿が有効です。

ただし、人間のクリームは、犬にとって刺激の強い物質を含むことがあります。

保湿クリームを使用する場合は、犬用の製品を塗りましょう。

獣医師に相談する

鼻の乾燥以外に異常がある場合は、病気が原因かもしれません。

息が荒い、鼻の周辺や身体を掻く、下痢や嘔吐などの症状がないか観察しましょう。

また、そうした症状が無い場合も、乾燥が長引くときは注意が必要です。

水分摂取や保湿で改善しなければ、一度動物病院へ連れていくことをおすすめします。

まとめ

犬は、嗅覚から非常に多くの情報を得ています。

その嗅覚を発揮するためには、鼻の潤いが欠かせません。

愛犬の健康状態を知るため、鼻は大切な観察ポイントの1つです。

もし愛犬の鼻が乾燥していたら、原因に応じた対処をしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事