歯磨きが苦手でも大丈夫!犬の手軽な歯みがき方法
スポンサーリンク

飼い主が必要性を感じても、歯磨きを嫌がる犬は少なくありません。
やはり人間と同じく、犬も歯を磨くべきなのでしょうか?
この記事では、犬の歯磨きの必要性やおすすめの方法を紹介します。

犬に歯みがきは必要?

歯磨きで愛犬の歯周病予防

現在、飼育されている犬の8割が3歳までに歯周病になっていると言われています。

歯周病で口内環境が悪くなれば、全身の健康にも影響が出てくるでしょう。

そのような状況にならないためには、愛犬の歯磨きが大切です。

歯磨きは歯茎のマッサージにもなるので、歯周病予防に効果が期待できます。

ただし、歯茎は傷付きやすいので、力加減には気を付けてください。

犬も虫歯になることがある

人間の口腔内は酸性ですが、犬の場合はアルカリ性です。

その環境が影響しているためか、虫歯になる犬は多くありません。

しかし、近年は犬の生活環境の変化に伴い虫歯が増えているようです。

主な原因は、人間の食べ物を犬が食べてしまうことだと考えられます。

人間の食べ物には糖分が多く、虫歯の菌が増える原因となるでしょう。

また、食べかけを与えることで、人から犬へ原因菌が感染することもあります。

毎日の歯磨きが健康チェックに

犬の口の中は、自然に見える場所ではありません。

そのため、知らないうちに歯周病や虫歯が悪化している場合があります。

それを防ぐためには、口の中をゆっくりと確認する時間が必要です。

愛犬の歯磨きでは、きれいにすることと同時に観察も行いましょう。

毎日の歯磨きを習慣づけることで、小さな変化も早めに見つけられるはずです。

スポンサーリンク

犬が嫌がらない歯磨き方法

子犬のときから慣れさせる

愛犬がストレスなく歯磨きをするために、一番大切なのは「慣れ」です。

犬は基本的に口の周りに触れられるのがあまり好きではありません。

しかし、子犬のうちから口を触っていると徐々に慣れてきます。

まずは、安心できる環境で口の周りをマッサージしてみましょう。

それに慣れてきたら、指で口の内側にも触れてみてください。

おとなしくできたら、必ず十分に褒めてあげることが大切です。

犬用デンタルグッズを活用する

そうは言っても、既に歯磨きが苦手になってしまったという場合もあるでしょう。

その場合は、無理に歯磨きをするとさらに苦手意識が高まってしまいがちです。

遊びながら歯を綺麗にできる歯磨きおもちゃなどを活用してみてください。

歯磨きおもちゃには、大きく分けて食べられるものとそうでないものがあります。

ロープやラバー製のおもちゃの場合は、特に破片の誤飲などに注意が必要です。

また、歯磨きおやつは頻繁に与えすぎないように、タイミングを工夫しましょう。

ドクターデンタルワンについて

ドクターデンタルワンは犬用歯磨きペースト

歯磨きのたびに、オヤツやオモチャを与えるべきか迷っている方もいるはずです。

また歯ブラシだけでは、きれいになったと実感できない飼い主もいるかもしれません。

そんなときは、犬用歯磨きペーストを試してみてください。

さまざまな商品がありますが、中でも人気が高いのがドクターデンタルワンです。

販売元のサンテミナは、人間用の健康食品も販売しています。

もちろん、デンタルワンもヒューマングレードで作られた商品です。

歯磨きが苦手な犬でも喜ぶ工夫

犬は大昔から人と共に暮らしてきたため、他の哺乳類より甘みが分かると言われています。

そのため、果物やイモ類など甘みのある食材を好む犬は意外と多いものです。

ドクターデンタルワンも甘い味がするので、喜んで舐める犬が多いでしょう。

まず最初は指でペーストを与えて慣れさせ、気に入ったら歯磨きに使うのがおすすめです。

ドクターデンタルワンは高い?

ドクターデンタルワンは初回のみ半額で3,000円台です。

1本で約1ヶ月分(30g)となっていますが、大型犬だと1ヶ月持たない場合もあるでしょう。

そう考えると少し高いと感じる人もいるかもしれません。

ですが、他のジェルタイプ商品と比べて手ごろな値段となっています。

また、もし愛犬が味などを気に入らなかった場合も、返金保証があるので安心です。

保証期間には定めがありますので、購入前によく確認してみましょう。

 

↓詳しくはこちら↓

まとめ

犬の食生活が豊かになるにつれ、歯周病や虫歯が増えていると言われています。

子犬のときから歯磨きに慣らすことが、口腔ケアの負担を減らすポイントです。

歯磨きが苦手な場合は、歯磨きペーストやオモチャなども活用してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事