水分補給に最適!犬に白菜を与えるメリットと注意点
スポンサーリンク

白菜は非常に水分の多い野菜です。
私たち人間は鍋やキムチなどで食べる機会が多い白菜ですが、犬が白菜を食べるメリットはあるのでしょうか?
この記事では、白菜の栄養素や犬に与える際の注意点などをご紹介します。

犬は白菜を食べても大丈夫?

基本的には食べても良い

白菜の葉には、犬が中毒を起こす物質は含まれていません。

そのため、量や調理方法に気をつければ、犬が食べても良い野菜です。

ただし、犬は人に比べて食物繊維の消化能力が高くありません。

子犬や高齢犬、消化器が弱った犬に与えることは避けましょう。

持病がある場合は獣医師に相談を

野菜に含まれる成分には、犬の身体に悪影響を与えるものがあります。

特に、愛犬が甲状腺に問題を抱えているならば、注意が必要です。

そのほかにも持病がある場合は、白菜を与える前に獣医師に相談しましょう。

また、初めて食べる食材ではアレルギーの可能性もあります。

少量から与え、いつ何を与えたかカレンダーなどに記録しておきましょう。

スポンサーリンク

白菜に含まれる栄養素

ミネラル

白菜に含まれる栄養素の中では、ミネラルが比較的豊富です。

特にカリウムやナトリウムが多く、マグネシウムも含まれます。

カリウムは、ナトリウムを排出する作用を持った物質です。

ナトリウムが排出されることで、血圧を下げる効果が期待できるでしょう。

また、カルシウムとマグネシウムは骨や歯の形成に欠かせません。

ビタミン

白菜には水分が多く、含まれる栄養素の量はあまり多くありません。

しかし少量ながら、ビタミンCK、葉酸などがバランスよく含まれます。

ビタミンCは、免疫力向上や鉄分の吸収を助ける栄養素です。

また、ビタミンKは骨の生成を助け、血液凝固を促進します。

そして葉酸は、赤血球や細胞の形成を促進するために重要な栄養素です。

グルコシノレート

グルコシノレートは、アブラナ科の野菜に多く含まれます。

この物質は、犬の生命活動に必須な栄養素ではありません。

そのため正確には栄養素ではなく、機能性成分に分類されます。

高い抗酸化作用があり、ガン予防などへの効果が期待される成分です。

ただし犬の体内で分解された後、ゴイトロゲンという物質に変化します。

ゴイトロゲンは、ヨウ素の取り込みを阻害する作用があると言われているので、覚えておいたほうが良さそうです。

犬に白菜を与えるメリット

水分補給

白菜は、全体の95%が水分と言われています。

そのためあまり栄養がなく、メリットも少ないと思われがちです。

しかし、白菜を犬に与えることで水分を補給することができます。

暑い時期の脱水症状予防や、あまり飲水量が多くない犬におすすめです。

ただし、食物繊維の過剰摂取は犬の負担となります。

犬の体重や体調に合わせて、適切な量を与えるようにしましょう。

ダイエットと健康維持

犬が肥満や高血糖、高脂血症になると、ダイエットや生活改善が必要となります。

そうした場合は、ドッグフードのかさ増しに白菜が便利です

白菜は味が薄く、犬にとって初めてでも食べやすい野菜かもしれません。

また、ビタミンやグルコシノレートは抗酸化を促進する働きがあります。

そのため愛犬の動脈硬化の防止や、ガン予防なども期待できるでしょう。

犬に白菜を与える際の注意点

芯や外葉を避けて細かく刻んで与える

白菜の芯は葉に比べて繊維が硬いため、消化に向きません。

また根に近いため、土から吸収した農薬が集まりやすい場所です。

犬に与えるときは、芯に近い部分は取り除きましょう。

また、外葉も農薬が付いている場合があるため除きましょう。

調理の際は細かく刻んで加熱することで、犬の胃腸への負担を軽減できます。

甲状腺疾患がある犬には与えないほうが良い

白菜に含まれるグルコシノレートは、分解されるとゴイトロゲンとなります。

このゴイトロゲンは、ヨウ素の吸収を阻害し甲状腺腫を起こす物質です。

しかし一般的に犬が食べる量では、強い毒性が認められてはいません。

そのため、健康な犬であれば厳しい摂取制限は必要はないでしょう。

ただし甲状腺疾患を抱える犬は、治療に影響が出る可能性があります。

白菜を与える前に、獣医師に相談しましょう。

中型犬の場合は30g程度が目安

犬は、1日に何グラムの白菜を食べて良いのでしょうか。

体重の基準を、小型犬=2kg、中型犬=12kg、大型犬=20kg程度として考えます。

摂取目安量は、小型犬10g、中型犬30g、大型犬では40gです。

ただしこの量であっても、アレルギーや消化不良の可能性はあります。

初めて与える場合は少量から与え、体調を見ながら徐々に増やすと良いでしょう。

まとめ

白菜は水分が多く、クセの少ない野菜です。

そのため初めて野菜を食べる犬にも、食べやすい野菜といえるでしょう。

また少量ですが栄養素バランスが良く、抗酸化作用も期待できます。

適量を守り、持病がある場合は獣医師に相談してから与えましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事