犬の目が白く濁ってきた…。犬の白内障の症状や治療方法について
スポンサーリンク

近年は情報社会により、さまざまな情報がインターネットや媒体を通じて配信されています。
そのため、犬の平均寿命も年々延びているようです。
犬の寿命が延びるにつれ、白内障の発症事例も増加傾向にあります。
そこでこの記事では、犬の白内障についてまとめています。

犬の白内障とはどんな病気?

白内障とは、目の中にあるレンズの役割をしている水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。

本来水晶体は透明であり、目の中に入った光を屈折させ、網膜に光を届けてくれます。

しかし、この透明であるはずの水晶体が濁ることにより、犬の視界がぼやけてしまうのです。

スポンサーリンク

犬の白内障の症状

目が白く濁り、物にぶつかるようになる

犬の白内障の初期症状として、目が白く濁り、物や壁にぶつかるようになります。

自宅などの慣れた場所であれば、ある程度はいままで通りに生活をすることができるでしょうが、はじめて訪れる場所などで不安そうな顔をするでしょう。

犬がなるべく今まで通りの生活をすることができるよう、なるべく家具や家電の場所を変えないようにすることをおすすめします。

目が完全に白く濁り、失明をすることもある

犬の白内障が進行すると、目が完全に白く濁ります。

そして、犬によっては失明することもあります。

犬にとって大好きな飼い主の顔が見られないのは、なによりつらいことでしょう。

そのため、犬に白内障の症状が見られたら、なるべく早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の白内障の原因

遺伝

犬の白内障の原因として、遺伝であることが挙げられます。

特に、トイプードルやボストンテリア、ミニチュアシュナウザーやアメリカンコッカースパニエルなどの犬種に見られることが多いです。

ほかの病気が原因で発症する可能性も

ブドウ膜炎や低カルシウム血症、糖尿病などの病気が原因となり、白内障が発症する可能性があります。

そのほかにも、ジニトロフェノールなどの有害物質が白内障の原因となる場合もあります。

犬の白内障の治療方法

完治は難しい

犬の白内障は完治することは難しいと考えられています。

そのため、症状の完治を目指さずに、症状の軽減を目的とした治療が施されます。

外科手術

白内障の症状が進行し、水晶体が融解することで過熟白内障に進行する場合があります。

過熟白内障によりブドウ膜炎や網膜剥離を併発する可能性がある場合は、外科手術をすることがあるでしょう。

水晶体を外科手術により取り除き、水晶体のあった場所に人口の眼内レンズを装着することもあります。

手術後は、目に傷がつかないようにエリザベスカラーを装着して生活をしなければなりません。

犬の白内障の予防方法

日頃から犬とコミュニケーションをとる

犬の白内障は、早期発見・早期治療が大切です。

早くに発見をすることは、症状の進行を抑えることにも繋がります。

そのため、日頃から犬とコミュニケーションをとり、身体に異変がないかチェックをする癖をつけておきましょう。

まとめ

犬の白内障は、飼い主としてもとても心が痛む病気です。

なぜなら、いままで元気に走り回っていた愛犬が、おどおどと物や壁に気を付けながら歩く姿を見なければならないからです。

そんな痛ましい姿を見ないようにするためにも、日頃から犬とのコミュニケーションをしっかりとり、少しでも犬に異変があれば獣医師に診てもらうよう癖づけておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事