これだけで犬のしつけがしやすくなる!?上手なご褒美の使い方
スポンサーリンク

愛犬のしつけが上手くいかなくて、悩んでいる人はいませんか?
実は、犬のしつけはご褒美の使い方ひとつで犬の覚えが早くなります。
この記事では、犬のしつけで使うご褒美の、上手な使い方についてご説明します。

犬のしつけでご褒美を与えるときの注意点

褒めた後にご褒美を与える

犬のしつけでよく見かけるのが、「よし!」といいながら犬にご褒美を与える飼い主の姿です。

実は、これこそが犬のしつけでやってはいけないことのひとつとして挙げられます。

褒めるのと同時に犬にご褒美を与えると、犬は褒められたことに気が付かずに、ご褒美にだけ目が行ってしまうでしょう。

そうではなく、犬のしつけは褒めた後にご褒美を与えることが大切です。

犬を褒めた後にご褒美を与えることで、犬は「正しいことをしたから褒められて、ご褒美をもらえた」としっかりと理解するようになります。

褒めるときは大袈裟に!

犬を褒めるときに、頭を撫でながら「よしよし」といったところで、犬は褒められているかわかりません。

犬を褒めるときには、大袈裟にすることが大切です。

走り回ったり飛び跳ねたりしながら、「すごい!えらい!そうだ!」と、犬を思い切り褒めてあげましょう。

大きく高い声で犬を褒めてあげることで、犬は飼い主に褒められたことを理解するはずです。

そして、犬を大袈裟に褒めた後にご褒美を与えましょう。

ご褒美を与えた後はいっしょに遊ぶ

しつけの一連の流れは、飼い主によるコマンド(命令)からはじまり、犬がそれに反応して行動をして、最後に飼い主から褒められることに繋がります。

犬を褒めた後にはご褒美を与えますが、なるべくロープ付きのおもちゃがおすすめです。

また、ご褒美は犬に見えないようにポケット等にしまっておきましょう。

犬にご褒美を与えた後は、犬といっしょにおもちゃの引っ張り合いをして遊びます。

そうすることで、犬にとってしつけは「飼い主のいうことを聞かなければならないこと」から、「飼い主といっしょに遊ぶこと」に意識が変わり、楽しくしつけに取り組んでくれるようになるはずです。

ご褒美は犬の見えないところから出す

犬は、褒められた後のご褒美が大好きです。

しかし、ご褒美を持っていることを犬に悟られてはいけません。

ご褒美を持っていることが犬に知られると、犬はご褒美のためにしつけに取り組むようになってしまい、ご褒美を持っていない飼い主のいうことは聞かなくなる可能性があります。

そのため、ご褒美は先述したようにポケット等に隠し持つようにして、褒め終わった後は犬の死角からご褒美を与えるようにしましょう。

飼い主の背中側から突然ボールが飛んでいくことで、犬は「なぜだかわからないけど、飼い主に褒められた後にどこからかボールが飛んできた。飼い主はボールを持っていないはずだけど、今後ももしかしたら飼い主のいうことを聞いたときにボールが飛んでくるかも!」と、期待しながらしつけに取り組むようになります。

スポンサーリンク

まとめ

犬のしつけにとってご褒美は、犬を褒めることと同じくらい大切なものです。

犬のモチベーションを保つためにも、上手なご褒美の使い方をする必要があります。

ご褒美を与えるタイミングは文章で見ると簡単に見えますが、実際に行うと意外に難しく感じるでしょう。

犬がしつけ好きになるように、褒め方やご褒美の使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事