犬の誤飲に注意!誤飲しやすいもの5選と誤飲した際の対処方法
スポンサーリンク

犬を飼っている人であれば、室内はきれいに掃除しているでしょう。
なぜなら、床にものが落ちていると犬が誤飲してしまう可能性があるからです。
筆者も以前に愛犬が靴下を飲み込んでしまい、気が付かずに突然真っ赤な靴下を吐き出して「吐血した!」と慌ててしまった経験があります。
この記事では、犬が誤飲しやすいものと、誤飲した際の対処方法について見ていきましょう。

犬の誤飲しやすいもの5選

つまようじ・串

焼き鳥やお弁当などで消費したつまようじや串は、犬が誤飲しやすいもののひとつとして挙げられます。

つまようじや串には、食べ物のにおいが付着していることがあるため、美味しそうなにおいがする串を思わず食べてしまうのでしょう。

これらの先が尖ったものを誤飲することは、体内を傷つける可能性があるため、気を付けなければなりません。

ネギ類

犬が中毒症状を起こしてしまう食材として有名なネギ類ですが、これは人間が好んで犬に与えることは少ないでしょう。

たいていは犬がネギ類を誤飲してしまうことで中毒症状が起きてしまいます。

キッチンでネギ類を扱っているときに、床に刻んだネギが落ちていないかをしっかりと確認しましょう。

また、ネギ類を保管するときも床に置きっ放しにすることのないように、気を付ける必要があります。

電池・磁石

電池や磁石を床に置きっ放しにすることは少ないでしょうが、リモコンの電池を変えた後や、冷蔵庫に付いたマグネットが取れて床に落ちてしまったときにはすぐに片づけなければいけません。

犬が電池を誤飲してしまうと、胃の中で化学物質が漏れだしてしまう可能性があります。

当然のことですが、電池に含まれる化学物質は犬を命の危険に晒してしまうことがあるため、すぐに対処する必要があるでしょう。

殺虫剤・殺鼠剤

殺虫剤や殺鼠剤を吹きかけた後にそのままにしていると、犬がそれを舐めてしまう可能性があります。

実は、殺鼠剤は誤飲した後の死亡事例の多いものであるため、特に気を付けなければなりません。

殺虫剤や殺鼠剤を使用した後は、かならず拭き取るようにしましょう。

ひも

犬の誤飲事例が多いものとして、ひもが挙げられます。

ひもや輪ゴムは、床に落ちていることが多いため、つい犬は誤飲してしまうのでしょう。

ひもや輪ゴムは消化されることがなく、胃の中で溜まると健康上に大きな被害が及ぶことも考えられます。

スポンサーリンク

犬が誤飲した際の対処方法

気道を確保する

犬が誤飲をしてしまい、異物が喉に詰まって呼吸困難となることがあります。

犬の口を開けて異物が取り出せそうであれば、すぐにピンセットなどで異物を取り除いてください。

しかし、つまようじや串などの尖ったものを取り出すことは困難ですので、尖ったものを誤飲した場合には無理に取り出すのはやめましょう。

動物病院へ連れて行く

犬が誤飲をした際は、なるべくすぐに動物病院へ連れて行くのが一番です。

素人判断で吐き出させようとするのは、犬の身体に大きな影響があるため避けたほうが良いでしょう。

すぐに動物病院へ連れて行き、いつ何を誤飲したのかを明確に伝えて、正しい対処をしてもらうことが大切です。

慌てない

筆者は犬の誤飲で慌ててしまいましたが、決して慌てずに対処をすることが必要です。

落ち着いて犬の様子を見て、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

可能であれば、動物病院へ連れて行く前に電話をして状況を説明しておくと、診察がスムーズに行えます。

まとめ

以前までは、タバコの誤飲も多かったですが、現在は加熱式タバコが主流のため誤飲件数は少なくなっています。

タバコもそうですが、誤飲したものによっては中毒症状を起こしてしまうこともあるでしょう。

誤飲をするのは、100%飼い主に責任があります。

犬を誤飲から守るためにも、床はいつもきれいに掃除をしておきましょう。

また、散歩中の誤飲を防ぐために、口に咥えたものを出させる「放せ」をしつけしておくこともおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事