愛犬がおなかを壊した!下痢の対処法や原因について
スポンサーリンク

ドッグフードはしっかり食べてくれるのに下痢をしている、どことなくグッタリしている、便の様子が普段と違って心配…、一言に下痢といっても、その症状はさまざまです。
愛犬の体調不良は早めに治してあげたいものです。
しかし、犬の下痢を予防する方法はあるのでしょうか?
この記事では、犬の下痢をする原因などについてまとめました。

犬が下痢をする原因

ストレスや消化不良

気候や環境の変化は、人間が思う以上に愛犬のストレスになっています。

下痢をする前にそうした変化があった場合、ストレス性の下痢を疑いましょう。

また、ドッグフードは製品ごとに材料が異なります。

食べ慣れていたドッグフードを変えると、消化不良を起こしたり腸内細菌のバランスが変わり便がゆるくなる可能性があります。

食中毒や誤飲

人間と同じく、雑菌やカビの繁殖した食品は食中毒を引き起こす可能性があります。

また、人間が食べている食材でも安心はできません。

例えばアボカドのように、人には有害でない物質が犬には分解できず中毒症状を起こす例があります。

さらに、誤飲にも注意が必要です。

洗剤や電池などによる中毒は非常に危険なものとなります。

無害なおもちゃも、飲み込めば腸閉塞などの原因になりかねません。

どちらも激しい下痢を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

寄生虫や消化器疾患

幼犬の場合は、寄生虫や感染症が下痢の原因となっている可能性が高いです。

もちろん成犬も寄生虫や感染症により下痢を起こします。

しかし、幼犬に比べれば頻度は低いでしょう。

成犬の場合は、腫瘍や臓器自体の不調が原因の可能性もあります。

ストレスや誤飲など外因に心当たりが無く、症状が数日で改善しない時には要注意です。

Point
犬が下痢をする原因は、ストレスや中毒、消化器疾患の可能性も。
スポンサーリンク

下痢の症状と重症度

便がゆるい・頻度が増えた

普段は1日に1回なのに何度もお通じがある、便が少し柔らかく拾いづらい、そんな時は、まずドッグフードの変更や普段と違うことがあったか思い返してみてください。

何か思い当たることがあれば、一時的なものである可能性が高いです。

また、大きな原因が無くても短時間で何度もお通じがあると少しゆるくなる場合もあります。

ただし、2日以内に良くならなければ獣医師に相談も考えましょう。

下痢が水っぽい・嘔吐を伴う

水のようにトイレシートにしみこむ便(水様便)は少し心配です。

嘔吐や食欲不振が見られたり水様便を繰り返すと、脱水症状を起こしてしまう場合もあります。

特に幼犬や老犬は体調不良を起こすと脱水症状になりがちです。

食欲は無くても水は十分飲めているか注意してあげましょう。

普段より唾液が極端に多かったり、皮膚をつまんで戻るのに1.5秒以上かかると脱水症状の可能性があります。

ゼリー状の下痢・便に血が混じる

腸炎で傷ついた腸の粘膜が排出されることにより便がゼリー状になることがあります。また、ゆるい便に血が混じったり、血性の下痢がある場合もあるでしょう。

出血の部位が肛門から遠いほど、便に混じる血は黒っぽくなります。

犬が痔になる可能性は、人間に比べてかなり低いです。

そのため、出血があった場合は消化管の出血を疑いましょう。

いずれの場合も治療が必要ですので、早期に受診することをおすすめします。

Point
犬の下痢では、脱水症状に注意。長引く、水っぽい、出血を伴う場合は早期受診を。

犬が下痢をした時の対処法

慣らす・原因を取り除く

ストレスが原因の下痢は、慣れると症状が改善することがあります。

ドッグフードを変えた場合も、何度かは続けて様子を観ましょう。

しかしストレスが強い様子であれば、慣れる必要があることか一度考えてみる必要がありそうです。

原因が掃除などの人間の行動であれば、愛犬の近くでは行わないなどの工夫もできます。

また、あまりに下痢が続く場合は別の病気が隠れている可能性も考えなければなりません。

数日で改善に向かわなければ、一度獣医師に相談しましょう。

検査や治療を受ける

下痢が長引く場合や便の性状に大きな変化がある場合は、早期に受診しましょう。

たとえ原因が大きな病気でなくとも、下痢は犬からの体調不良のサインです。

犬たちは、言葉で苦しさを説明できません。

私たち飼い主が、犬の小さなサインを受診に繋げてあげる必要があります。

受診の際は「いつから」「どのような症状」「思い当たる原因」「食事・水分摂取量」などをまとめておくと良いです。

便の性状を医師に伝えるため、写真での記録も役立ちます。

人間の薬をあげても大丈夫?

乳酸菌を含む整腸剤は、犬にも処方されることが多い薬です。

しかし、人間と犬の物とは成分量が違います。

また、確実に効果が出るとは言い切れません。

さらに、整腸剤で様子を見ている間に症状が悪化してしまう場合もあります。

本来、薬は医師の指示のもと内服するものです。

もし内服させる場合も、受診するまでの応急処置として少量を与えるに留めましょう。

整腸剤以外の、下痢止めや食あたり薬などは決して与えないでください。

Point
ストレスによる下痢は慣れにより改善の可能性も。受診と検査が基本。

犬の下痢を予防するには

食事で気を付けられること

食いつきが悪いと、ドッグフードを頻繁に変える人がいます。

しかし、慣れる前に食べ物が変わり続けるのは、犬の腸に負担がかかる可能性があります。

そのため、ドッグフードの変更はなるべく少なくしましょう。

ドッグフードを切り替える際には1割ずつ新しいものを混ぜて慣らすのがおすすめです。

また、大量の買い溜めは劣化やカビの原因にもなるので避けましょう。

もし人間の食べものをあげる時には、事前によく「あげてはいけないもの」「少量に抑えるべきもの」を調べてから与えると良さそうです。

食べてはいけないものは届かない場所に

誤飲は中毒や腸閉塞の原因となります。

そのため、犬にとって危険なものやおもちゃは、高い所や戸の中など犬が取れない場所に収納しましょう。

台所や浴室は、危険物や犬が食べてはいけないものがたくさんあります。

室内で放し飼いにしている場合は、ペットゲートを設置するのも1つの方法です。

また、おもちゃで遊ばせる時にも注意が必要です。

おもちゃを与えっ放しにせず、遊んでいる間は必ず見守ってあげましょう。

動物の排泄物に注意

病気の中にも、予防できるものはあります。

下痢の原因となる感染は、排泄物が感染経路となることも多いです。

散歩の際には、他の動物の排泄物に近づかないよう努めましょう。

また、複数の犬を飼っている場合も注意が必要です。

排泄物を早めに処理することで、感染のリスクを下げることができます。

体調の悪い犬がいる場合は、トイレを分けるなどの工夫も有効です。

Point
ドッグフードの変更は段階的に。食べてはいけないものは口に入れない工夫を。

まとめ

環境変化による下痢が改善するのは、少し時間がかかります。

しかし、そうでない場合は早めの受診が安心です。

愛犬の様子や便の状態をしっかり観察し、早めに獣医師に相談しましょう。

また、生活の中にあるリスクの把握も大切です。

工夫や知識で防げる下痢もあります。

できる対策は日頃からしっかりしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事