その場から動かない…。頑固な犬が見せる3つの行動とは?
スポンサーリンク

犬は私たち人間と同様、さまざまな性格を持っています。
猫のようにマイペースな犬もいれば、多少のことではくじけない楽天家の犬もいるでしょう。
今回は、頑固な犬にスポットを当ててみました。
頑固な犬は、どのような行動を見せるのでしょうか?

頑固な犬が見せる行動

拒否をする

爪切りやシャンプーなど、犬が嫌いなことは断固拒否の姿勢を見せるのも、頑固な犬の特徴です。

動物病院などに行くのも、全力で拒むでしょう。

「嫌なことは絶対にしない!」と強く行動に示すのは、頑固な犬の代表的な行動のひとつといえます。

その場から動かない

散歩中に、気分が乗らないためその場から動かなくなるのも、頑固な犬の特徴です。

また、掃除機をかけていても避けてくれなかったりすることもあります。

この挑発的な態度も、頑固な犬の特徴といえるでしょう。

引っ張り癖がある

散歩中に、自分がコースを決めるんだといわんばかりに引っ張る犬がいます。

そういった犬は、頑固な性格であることが多いです。

引っ張り癖は子犬の頃は良いかもしれませんが、成犬になると手が付けられなくなってしまう可能性もあります。

特に大型犬の場合は、大きな事故に繋がってしまうこともあるでしょう。

そのため引っ張り癖がある犬は、なるべく早めにしつけをすることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

頑固な性格は、その犬の生まれ持った個性ともいえます。

言い換えれば、自我が強い、独立心があるともいえるでしょう。

ほかの人に迷惑をかけていないのであれば、必ずしも頑固な性格をしつけで直さなければいけないというものでもありません。

しかし、引っ張り癖は大変危険ですので、早めに直すようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事