犬が不機嫌なのはなぜ?犬が不機嫌になる理由について
スポンサーリンク

愛犬を呼んでも反応しなかったり、近づくと唸ってくる!という経験をしたことはありますか?
いつもならニコニコとしているように見える愛犬が、なぜか最近はムスッと不機嫌な顔をしているのは、もしかしたら本当に不機嫌なのかもしれません。
この記事では、犬がなぜ不機嫌になるのかを解説しています。

犬が不機嫌になる理由

ストレス

犬は人間と同様に感情豊かな動物です。

そのため、ストレスが溜まると不機嫌にもなります。

特に毎日の散歩時間が足りなく運動不足であったり、飼い主とのコミュニケーションが少ないとストレスを感じて不機嫌になってしまうでしょう。

体調が悪い

犬は言葉を話すことができません。

そのため、体調が悪いと神経が過敏になることもあり、不機嫌になってしまうことが考えられます。

不機嫌そうに見えて、なおかつ食欲がなかったりする場合には、一度獣医師に診てもらうことをおすすめします。

発情期

ホルモンバランスが崩れることにより、自律神経が乱れることがあります。

自律神経の乱れにより、特にメス犬の気性が荒くなり、結果的に不機嫌になってしまうのです。

メス犬の場合は対策がなく、発情期が終わるのを待つほかありません。

オス犬も発情期のメス犬に近づくことで発情してしまうため、発情期のメス犬にはオス犬を近づけないほうが良いでしょう。

主従関係が逆転している

犬が飼い主よりも立場が上になっている場合、犬の思い通りにいかなければ不機嫌になることがあります。

この場合は、愛犬にしっかりと服従訓練をし、主従関係をハッキリさせなければなりません。

犬の要求吠えに応えない、犬の散歩やご飯のタイミングは飼い主が決めるなど、ルールを決めておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

愛犬が不機嫌だと、飼い主としてはなにかしてしまったのではないかと不安になってしまうでしょう。

しかし犬は感情豊かな動物であるため、毎日が楽しいわけではなく、不機嫌になることもあります。

飼い主としてできることは、犬が不機嫌になっている理由を探り、ひとつずつ解決しておくことが得策であるといえるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事