陽気で明るい性格のフラットコーテッドレトリバーについて
スポンサーリンク

黒く美しい被毛が特徴的なフラットコーテッドレトリバー。
もともとはイングランド生まれのこの犬種は、似た容姿のゴールデンレトリバーなどよりも長い歴史を持つ犬種です。
この記事では、いつも楽しげなフラットコーテッドレトリバーについてご紹介します。

フラットコーテッドレトリバーの特徴

艶やかな容姿

フラットコーテッドレトリバーは、体高がオスで約60cm、メスで約58cm、体重はオスが約31kg、メスが約28kgにもなる大型犬です。

その名のとおり長く艶やかな被毛が特徴的で、カラーはブラックが一般的で、ほかにレバーと呼ばれるブラウン系の個体も存在します。

ただし、ブラック以外のカラーの個体は、遺伝性疾患を持っている可能性があることを覚えておきましょう。

細身の身体

ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーなどのほかのレトリバー種と比べると、フラットコーテッドレトリバーは細身です。

また、マズルが長いことも特徴的で、全体的にスリムな印象を与えます。

楽しそうで軽やかな歩き方がとても可愛らしいです。

スポンサーリンク

フラットコーテッドレトリバーの性格

明るく陽気

フラットコーテッドレトリバーはとても明るく陽気な性格をしています。

それこそがこの犬種の一番の特徴ともいえるでしょう。

人と遊ぶことが大好きで、いつも楽しそうに尻尾を振っています。

ただ、力が強いため一緒に遊ぶには少々体力が必要かもしれません。

誰に対しても友好的

知らない人や犬に対してもフレンドリーな性格のフラットコーテッドレトリバー。

そのため、はじめて会う人や犬にも躊躇なく遊びを誘っていくでしょう。

しかし、警戒心が強い犬に対しても向かっていってしまうため、思わぬ怪我をしてしまう可能性も考えられます。

頭が良い

フラットコーテッドレトリバーは遊び好きでフレンドリーでありながら、たしかな知能も持ち合わせています。

そのため、大変しつけがしやすいです。

運動能力も低くはないため、フリスビーやアジリティーなどのドッグスポーツにチャレンジしてみても良いでしょう。

フラットコーテッドレトリバーのしつけ

遊びを取り入れたしつけを

先述したように、フラットコーテッドレトリバーはとても遊び好きな犬種です。

そのため、ボールなどのおもちゃを利用するとスムーズにしつけをすることができるでしょう。

しかし、とてもパワフルな犬種ですので、おもちゃを破壊されないように気を付けなければなりません。

褒めて伸ばしましょう

フラットコーテッドレトリバーはとても明るく陽気で、さらには楽観的な性格をしています。

そのため、厳しくしつけをするには向いていないかもしれません。

基本的には褒めながら、しかしダメなものはダメと教えることが大切です。

飛びつき癖はつけないように

フラットコーテッドレトリバーは、とても力が強いため子どもや高齢者に対して飛びついた場合に、吹き飛ばされてしまう可能性があります。

そうなると、予期せぬ事故に繋がることが考えられますので、人に対して飛びつく癖はつけないようにしましょう。

Point
スパルタのしつけはNG
飛びつき癖、引っ張り癖をつけないように子犬の頃からしつけをしましょう

フラットコーテッドレトリバーの飼い方

1日2時間程度の運動時間を

フラットコーテッドレトリバーはとても運動量が豊富な犬種です。

そのため、散歩時間は12時間程度、朝晩2回に各1時間ずつ確保してあげると良いでしょう。

また、ストレス解消やコミュニケーションのためにも、公園などでボール遊びなどをするのも運動不足解消には効果的です。

もともと鳥猟犬であったこともあるため、一緒に川遊びなどをすることもおすすめです。

長時間の留守番はNG

フラットコーテッドレトリバーは人のことが大好きであるがゆえに、寂しがり屋な一面もあります。

そのため、長時間人と接することがないことは、大きなストレスとなってしまう可能性があります。

長時間の留守番をさせないように、常に1人は家に人がいるような環境であることが良いでしょう。

まとめ

フラットコーテッドレトリバーは活発で陽気な性格から、多くのファンがいる犬種です。

一度遊んでみると、その明るさにハマってしまうでしょう。

あなたも大型犬に興味があって、一緒に遊ぶ相棒を探しているのであれば、フラットコーテッドレトリバーを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事