フィラリア症ってどんな病気?感染経路や症状について
スポンサーリンク

犬を飼っているほとんどの人は、愛犬にフィラリア症の予防薬を投与しているでしょう。
フィラリア症の予防薬の投与は義務付けられてはいませんが、犬にとってかなりの苦痛を伴う病気ですので、飼い主としての最低限の義務といえます。
そこでこの記事では、フィラリア症の症状や感染経路についてご紹介します。

フィラリア症ってどんな病気?

そもそもフィラリア症の原因ともなるフィラリアとは、犬糸状虫とも呼ばれている細長い線虫類のひとつです。

このフィラリアが犬の身体に入り込むと、血管や臓器に絡みつきます。

最悪の場合は命に関わることもある病気ですので、必ず予防をするようにしましょう。

スポンサーリンク

フィラリア症の原因

蚊が感染経路になる

フィラリアの中間宿主は蚊です。

蚊が、フィラリアに寄生されている犬の血を吸うことでミクロフィラリアというフィラリアの子どもをいっしょに吸ってしまいます。

その蚊が中間宿主となり、ほかの犬の血を吸うときにミクロフィラリアが犬の体内に侵入するのです。

ミクロフィラリアが犬に寄生して半年が経つ頃には、成虫となり肺動脈に定着をします。

そしてまたほかの蚊がその犬の血を吸い、ほかの犬にフィラリアが広がってしまうというわけです。

フィラリア症の症状

呼吸困難や血色素尿

犬がフィラリア症を発症すると、フィラリアが血管や臓器を詰まらせることで呼吸困難を引き起こします。

犬はかなり苦しそうにするため、すぐに気が付くことができるでしょう。

また、尿が赤くなるのもフィラリア症の症状のひとつです。

これらの症状が見られたら、すぐに動物病院へ連れて行かなければなりません。

フィラリア症の治療方法

外科による成虫の摘出

肺動脈に寄生する成虫を釣り出すため、外科による成虫の摘出をします。

ただしこれは麻酔のリスクや、外科医の技術の問題もあるため、高齢犬などでは処置することは難しいといえます。

薬剤の投与

薬剤でフィラリアの成虫を駆除することもあります。

ただし、死滅したフィラリアの成虫が犬の肺動脈に詰まってしまうリスクもあるため、注意が必要です。

ほかにも、投薬前の犬の健康状態により肺動脈の循環不全になる可能性もあるため、慎重な投薬をしなければなりません。

完治は難しい

もしもフィラリア症を発症してしまったとしても、必ず命に係わるわけではありません。

ただし、病気の進行度合いによっては、助からない可能性もあります。

助かったとしても、完治をする可能性はかなり低いといえるでしょう。

フィラリア症の予防

予防薬の投与

フィラリア症を完全に予防するには、内服薬や注射薬などでフィラリア症の予防薬の投与をすることが一番です。

これらの予防薬は、犬の体内に侵入したフィラリアの幼虫を殺すための薬です。

そのため、しっかりと獣医師の指示通りに定期的な投与が求められます。

まとめ

フィラリア症は、飼い主として愛犬に必ず投与しなければならない薬のひとつです。

フィラリア症を発症すると、完全に以前の状態に戻ることは難しいと考えられています。

そのため、飼い主の義務と考え、必ず定期的にフィラリア症の予防薬を投与するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事