ドッグランでタブーってあるの?ドッグランでのマナーとルール
スポンサーリンク

はじめて訪れるドッグランは、飼い主としてもワクワクして楽しみな反面、少し不安な気持ちもあるでしょう。
「愛犬はほかの人や犬と仲良くできるかな…」と考える人は多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ドッグランでの一般的なマナーやルールについてご紹介します。

ドッグランでのマナー

挨拶をする

当たり前のことですが、ドッグランは犬同士が遊ぶ場所でありながら、飼い主のコミュニティースペースでもあります。

そのため、ドッグランを訪れて合う人たちには、挨拶をするようにしましょう。

挨拶をしておくことで、なにかトラブルがあった際にも解決しやすくなります。

そして、愛犬家のコミュニティを作っておくことで、しつけなどに困ったときにも相談しやすくなるでしょう。

犬のしつけをしておく

ドッグランでは、ほとんどの犬がある程度しつけをされています。

中には犬同士の社会化があまりできていない犬も見かけますが、やはりそのような犬はほかの飼い主にも嫌われてしまうでしょう。

犬がドッグランで楽しく遊べるようにするためにも、あらかじめ最低限のしつけはしておきましょう。

最低限のしつけとは、「待て」、「座れ」、「伏せ」、「放せ」などです。

もしも相手の犬を噛んでしまったときに、犬の興奮を抑える自信のない人は、まず犬のしつけから取り組みましょう。

ドッグフードやおやつを与えない

ドッグランでは、ドッグフードやおやつを犬に対して与えないようにしましょう。

おやつのせいで、ほかの犬のしつけの集中力が切れたりする可能性があります。

ほかにも、ドッグフードやおやつはほかの犬も気になってしまうため、持ち歩くのは避けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ドッグランでのルール

ルールは各施設に従いましょう

ドッグランのルールは各施設によって異なります。

そのため、まずはドッグランのルールを聞き、それらを守るようにしましょう。

リードは持ち歩く

ドッグランといえども、犬が突然どこかに走り出してしまわないように、リードは常に持ち歩くようにしましょう。

「呼び」のしつけに自信がない場合は、ロングリードなどでしつけをすることもおすすめです。

ワクチン接種の証明書を持っていく

ドッグランでは、狂犬病の予防接種やワクチン接種の証明書が必要になります。

それらの証明書を持っていないと、入場することができないドッグランがほとんどですので、忘れずに持っていくようにしましょう。

まとめ

ドッグランは、犬も飼い主もとても楽しめる施設です。

ただし、マナーやルールを守っていない人が一人でもいると、ドッグラン全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

ほかの人や犬の迷惑にならないためにも、最低限のマナーとルールには気を付けるようにしましょう。

マナーとルールに気を付けた上で、愛犬と追いかけっこやフリスビーなどをして、日頃の運動不足をしっかりと解消できると、愛犬との気持ちの良い休日を過ごすことができるでしょう

スポンサーリンク
おすすめの記事