犬のリードの選び方って?犬のリードの種類などについて
スポンサーリンク

犬のリードには、さまざまな種類があります。
革製のものから、ナイロン、金属でできているものまでいろいろなリードが販売されています。
しかし、たくさんありすぎてどれを選んで良いかわからなくなってしまうでしょう。
そこで、犬のリードの選び方をご紹介します。

犬のリードの素材

ナイロン製

もっとも一般的であるリードの素材がナイロン製です。

ナイロン製のリードは耐久性が高いため、長い間使用することができるでしょう。

また、さまざまなデザインがあり、飼い主の好みに合わせてリードを選ぶことが可能です。

もっとも使い勝手が良い素材といえるでしょう。

革製

革製のリードは、ドッグトレーナーがもっとも使用している素材です。

なぜなら耐久性が高いため、引っ張り癖などの犬をしつけするのに上部なリードでなければいけないからです。

ただし、本革は水に濡れると劣化してしまい、切れやすくなるためこまめにメンテナンスをする必要があります。

布製

布製のリードは、デザイン性が高く、汚れても手軽に洗うことができるため人気の素材のひとつです。

ただし耐久性がないため、小型犬を飼っている人以外は布製のリードを選ぶことは避けたほうが良いかもしれません。

ゴム製

ゴム製のリードは滑りにくいため、飼い主の手に馴染みやすいのが特徴です。

雨の日でもしっかりとリードを握ることができます。

金属製

あまり見かけることはありませんが、金属製のリードもあります。

金属製のリードは、一番丈夫で壊れにくいのが特徴です。

しかし、重いため飼い主や犬の負担になりやすいのが欠点です。

また、選ぶことがないでしょうが、金属アレルギーの人は持つことはできないでしょう。

スポンサーリンク

リードの種類

ショート

ショートリードは、主に1m未満のリードのことを指します。

引っ張り癖がある犬は、コントロールがしやすいショートリードをおすすめします。

ただし、常にリードが張った状態になってしまうため、犬のストレスの原因となることもあるでしょう。

スタンダード

スタンダードリードは、1m2mのリードです。

リードとしては、もっとも一般的な長さといえるでしょう。

犬の散歩には、このスタンダードリードをおすすめします。

ミドル・ロング

ミドルリードは23m、ロングリードは5m以上のリードのことを指します。

広々とした場所で散歩をする場合には、ある程度犬の自由が利くミドルリードを使用すると良いでしょう。

「呼び」のしつけをするときには、ロングリードが最適です。

ですが、これらの長さのリードは、犬の散歩をするには条例違反となる場合もあるため、注意しましょう。

伸縮巻き取り式

伸縮巻き取り式のリードは、多くの人に使用されているリードです。

たしかに犬に負担のないように見えます。しかし、このリードはおすすめできません。

このリードをおすすめできない理由は2点あります。

まず、犬が突然走り出したときに対応できないこと。

このリードを使用している人は、45mリードを伸ばして使用していることがあります。

そこで犬が突然道路に飛び出したら、どうなるでしょうか?飼い主は犬をコントロールすることができずに、最悪の事態に陥る可能性も考えられます。

そして2点目が、常にリードが突っ張った状態である点です。

犬はリードが突っ張ることでストレスを感じ、引っ張られないようにするために走り出そうとしてしまいます。

これこそが引っ張り癖の原因ともなるのです。

そのため、この伸縮巻き取り式のリードはおすすめできません。

リードの太さ

細いリード

小型犬であれば、細いリードを使用しても問題ないでしょう。

逆に太いリードを使用すると、犬の首に負担がかかることが考えられます。

太いリード

中型犬・大型犬には太いリードを選ぶようにしましょう。

なぜなら、犬が急に走り出してしまったときに細いリードであれば犬を抑えることが難しいからです。

太いリードは丈夫であるため、中型犬・大型犬のしつけをするときにも有効といえます。

リードの正しい持ち方

取っ手を手首に通して持つ

犬のリードには、必ず取っ手がついています。

しかし、この取っ手をそのまま持つだけでは、万が一犬が走り出して取っ手から手が離れてしまったときに対応することができません。

そのため、リードの正しい持ち方としては、一度手首に取っ手を通してから、取っ手ではなくリード部分を持つようにすると良いでしょう。

そうすることで、もしもリードから手が離れてしまったときも、取っ手が手首に引っかかるため、即座に対応することが可能です。

おすすめのリード

ALIPET 犬用リード

このリードはナイロン製で、かなり耐久性が高いといえるリードです。

また、夜光材質を採用しているため、夜道でも安心といえます。

太めのリードであるため、小型犬には不向きかもしれませんが、中型犬・大型犬にはぴったりのリードです。

取っ手も持ちやすく、容易に犬をコントロールできるでしょう。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

Focuspet 革製リード

しっかりとした作りのこのリードは、大型犬に引っ張られても切れる心配は少ないでしょう。

素材は高級感のある牛革を使用しています。

使用すればするほど、どんどん手に馴染んで扱いやすくなることが期待できます。

小型犬から大型犬まで幅広く使用できるリードといえるでしょう。

まとめ

犬のリードはさまざまな種類があるため、どれを選べば良いかわからない人も多いでしょう。

素材から太さまで、本当にたくさんのリードがあります。

自分と愛犬に合ったリードを選ぶことができるように、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事