はじめてでも大丈夫!犬のフリスビーのしつけ方法
スポンサーリンク

犬のフリスビーのしつけ方法

ソフトフリスビーを縦にして転がす

フリスビーという競技は、フリスビーが地面に落ちる前に犬がキャッチすることができなければ、得点になりません。

そのため、まずは犬にフリスビーをきちんとキャッチできるように教える必要があります。

そうするには、はじめに布でできた柔らかいソフトフリスビーを使用しましょう。

ソフトフリスビーを縦にして転がります。

すると、犬は転がったフリスビーを咥えよう走るでしょう。

そこで犬がソフトフリスビーを転がっている途中に咥えることができたら思い切り褒めてあげます。

通常のフリスビーで同様に縦に転がす

ソフトフリスビーで問題なく咥えることができるようになったら、次は通常のフリスビーでチャレンジしてみましょう。

おそらくソフトフリスビーで咥えることができるのであれば、通常のフリスビーでも問題なく追いかけて咥えることができると思います。

ソフトフリスビーを投げてみる

次はソフトフリスビーを実際に投げて犬にキャッチをさせてみましょう。

ソフトフリスビーは、比較的初心者でも投げやすいです。

ここで大切なことは、犬がキャッチすることができなくても、決して叱らないことです。

反対に、キャッチが成功したら思い切り褒めてあげましょう。

そして褒めた後には、ご褒美としてまたフリスビーを投げてあげます。

そうすることで、「フリスビーを持って帰ってきても飼い主に取られる」と犬が思わなくなるため、簡単にフリスビーを放すようになるでしょう。

最後は通常のフリスビーでチャレンジ

やはり最終的な目標は、通常のフリスビーを投げて犬がキャッチすることです。

ただし、ソフトフリスビーと違い、投げ方に少しコツがいるため、はじめのうちは苦戦するかもしれません。

参考までに、フリスビーの投げ方の記事もチェックしてみてください。

ここでも問題なく犬がフリスビーをキャッチできるようになれば、フリスビーのしつけは完了です。

あとは、大会参加を目指す場合キャッチ精度の向上、フリスビーを追うスピードをつける練習などを行います。

スポンサーリンク

まとめ

フリスビーは、人も犬も楽しめる素晴らしいスポーツです。

遠くに上手に投げることができたフリスビーを、愛犬が空中でキャッチする姿を見るのは爽快でしょう。

アジリティーよりもハードルの低いドッグスポーツであるフリスビーに、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事