チワワを飼いたい!チワワの性格や飼い方について
スポンサーリンク

小さな身体と大きな瞳が特徴的なチワワ。
チョコマカと歩き回る姿はとても癒され、特に女性に大人気です。
小型犬のため、手がかからないと考えられがちですが、チワワを飼う上で注意しなければならないこともあります。

チワワの特徴

世界最小のサイズ

チワワは、数ある犬種の中で最も小さな犬種として知られています。

産まれたばかりのチワワの子犬は100gほどしかなく、人間の手のひらよりも小さいです。

平均体重は個体によって前後しますが、だいたい12kg程度です。

丸い頭と大きな瞳

チワワはその小さな身体も大きな特徴ですが、丸い頭と大きな瞳も印象的です。

そのりんごのように丸い頭は「アップルドーム」と呼ばれています。

ちなみにチワワの丸い頭は子犬の頃には触らないようにしましょう。

なぜなら、チワワの子犬の頭蓋骨には穴があいているため、チワワの子犬の頭を押すと命に関わる可能性があるからです。

ほかにも大きな瞳も特徴的で、ウルウルと涙を溜めているような瞳は、人を魅了してしまいます。

Point
産まれたてのチワワは約100gしかない、世界最小の犬種
チワワの子犬の頭は絶対に押さないように!
スポンサーリンク

チワワの性格

好奇心旺盛で遊び好き

チワワは家族と遊ぶことが大好きです。

そのため、毎日チワワとおもちゃなどで遊んであげると、とても喜ぶでしょう。

警戒心が強く勇敢

チワワは警戒心が強いため、はじめて会う人や犬などには警戒して吠えてしまうかもしれません。

また、勇敢な一面もあるため、大好きな家族に危険が及ぶ可能性があれば、身を挺して家族を守ることもあります。

Point
遊ぶことが大好き!
はじめて会う人とすぐに打ち解けるのは難しいかも

チワワのしつけ方

首輪をつけてしつけはしない

しつけをする際は、一般的に首輪やチョークチェーンなどにリードをつけて行います。

しかしチワワの場合、首が細いので首輪やチョークチェーンにリードをつけると、少しの刺激で頭部や首に大きな負担がかかってしまいます。

そのため、チワワをしつけするときには、ハーネスなどで対応すると良いでしょう。

甘やかさない

チワワはとても可愛らしい見た目ですが、勇敢な性格に加え、頑固な一面も持っています。

そのため、一度吠え癖などがついてしまうと、なかなか直すことが難しくなってしまいます。

チワワをしつけするときは、もちろん愛情を持つことや褒めることは大切ですが、ダメなものはダメとしっかりと叱るようにしましょう。

Point
首の負担になるため首輪は避けよう
頑固な犬種であるため、叱るときは叱る

チワワの飼い方

超小型犬でも散歩は大切

よくペットショップで「チワワは小さいので散歩はしなくても大丈夫ですよ」と言っている店員がいますが、それは誤りです。

チワワであろうが、毎日の散歩は必要です。

なぜなら犬にとっての散歩は運動不足解消はもちろん、外をのびのびと歩くことによるストレス解消や、飼い主とのコミュニケーションにもなるからです。

そのため、12回朝晩に510分ずつは散歩時間を確保するようにしましょう。

高い場所には注意

チワワは、小さな身体のわりに大きな頭を持っています。

そのため、高い場所から着地する際は、頭から落ちていってしまいます。

中型犬以上の犬種であれば大した高さではないソファなどでも、チワワにとっては高い場所です。

チワワがソファから降りた際、頭から着地してしまったり、前足に大きな負担がかかってしまい骨折などのリスクが考えられます。

それらの怪我を防ぐために、ソファなどの場所にはチワワ用の階段などを用意してあげると良いでしょう。

Point
チワワでも散歩は必要
ソファなどから降りるときには骨折に注意!

まとめ

チワワは可愛らしい見た目から、日本では一時期大きなブームになりました。

しかし、チワワのことをよく知らないまま飼ってしまうと、さまざまな事故のリスクも伴います。

そのため、チワワに興味を持っている人はこのページでチワワの特徴や性格・飼い方などを認識した上で飼うことを検討してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事