これで万全!犬と楽しくキャンプをするために気を付けること
スポンサーリンク

夏になると、キャンプを楽しむ人も増えてくるでしょう。
キャンプは家族や友人たち、そして一人で行っても楽しいものです。
今回は、犬といっしょにキャンプを楽しむために気を付けることについて解説します。

犬とキャンプをするときに気を付けること

気温に注意!

私たち人間もそうですが、犬にとっても暑さは大敵です。

特に真夏であれば、犬が熱中症になるリスクも高まります。

そのため、なるべく真夏は避けたり、タープなどで日陰を作ってあげると良いでしょう。

身体を冷やすために、タオルで巻いた保冷剤を犬の身体に当ててあげるのもおすすめです。

必ずリードを付ける

キャンプ場には、さまざまな人がいます。

もちろんその中には、犬アレルギーや犬が苦手な人もいるでしょう。

そのため、キャンプ場でも必ずリードは付けなければなりません。

未然に事故を防ぐためにも、キャンプ場でのリードも必須です。

トイレのマナーを守る

自然が多いキャンプ場だからといって、犬にそこら中に排泄をさせてはいけません。

キャンプ場によっては、排泄はドッグランのみなどのルールもあるため、必ずルールに従うようにしましょう。

排泄した後に片付けるのはもちろん、排泄した場所に水をかけるなどをし、においを抑える工夫もしたほうが良さそうです。

犬がOKのキャンプ場かをチェックしておく

ほとんどのキャンプ場では、犬を連れて行くのに問題はないでしょう。

しかし一部のキャンプ場では、犬を連れて行くこと自体を禁止しているところもあります。

そのため、事前に必ず目的のキャンプ場が犬連れOKなのかをチェックしておきましょう。

キャンプ場のホームページを見れば、記載されていることが多いです。

もし記載がなければ、直接問い合わせてみても良いでしょう。

クレートを用意する

犬にとってキャンプ場は慣れない場所で、落ち着かないことが多いです。

そして、慣れない場所で知らない人が騒いでいたら、怖くて吠えてしまうこともあるでしょう。

犬を吠えさせないため、犬を落ち着かせるためにもクレートタイプのケージを用意しておくと良さそうです。

スポンサーリンク

犬とのキャンプの持ち物について

ドッグフード・おやつ

キャンプ場でバーベキューなどをしていても、それを犬に食べさせることはできません。

そのため、キャンプ場にも普段犬に与えているドッグフードを持っていくようにしましょう。

食べ慣れたドッグフードは、犬を落ち着かせることにも有効です。

また、犬が大人しくしていたらご褒美としておやつを与えるのも良いでしょう。

食器

キャンプであれば、紙皿などで犬にドッグフードや水を与えても良いと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、可能であれば使い慣れた犬用の食器を用意してあげることをおすすめします。

神経質な犬であれば、食器がいつもと違うだけでもストレスに感じることがあるかもしれません。

そのため、使い慣れた食器も忘れずに持って行きましょう。

おもちゃ

キャンプ場は開放的であるため、犬も思い切り走りたくなるかもしれません。

ドッグランがあるキャンプ場であれば、犬の好きなおもちゃを持って行き、犬と思い切り遊んであげましょう。

ケージ・リード

先述したように、キャンプ場でも犬にはケージとリードが必要です。

普段使っているものは、なるべく忘れないように用意してあげましょう。

まとめ

家族で行くキャンプは、とても楽しいものです。

それに愛犬が加わると、さらに楽しいものになるでしょう。

しかしマナーを守らなければ、せっかくの楽しいキャンプもつまらないものになってしまいます。

キャンプ場にいるすべての人が楽しめるように、事前にしっかりと準備をして臨むようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事