どう選んだらいい?犬用ケージのおすすめ5選!
スポンサーリンク

ケージは、犬の安心やいたずら防止のために役立ちます。
しかし、いざ選び始めると、どれを買えば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。
この記事では、ケージの種類や選び方と、おすすめ商品を紹介します

犬用ケージの種類

ケージ

ケージタイプは、天面まで網などで覆われています。

床は、プラスチックなどでできたトレイの場合もあるでしょう。

天面があるため、耐久性は高いと考えられます。

また、犬が立ち上がったり脱走したりするのを防ぐことができます。

サークル

サークルタイプとは、四方が柵になっているものです。

天面がないため開放的で、掃除や物の出し入れが簡単に行えます。

床面がなく、広さを変えられる商品があるのもサークルの利点でしょう。

ただし、耐久性が十分でない場合があるようです。

また、柵を超えて脱走してしまう犬がいるかもしれません。

クレート

クレートは、入り口以外の面が壁で覆われています。

小さめで壁があり、犬にとっては安心しやすい環境です。

そのため、犬が休息を取りたいと感じたときに向いています。

また、取っ手が付いていて犬を移動する際に便利です。

乗り物に載せるときも、クレートに入れておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

犬用ケージの選び方

サイズ

ケージの大きさは、愛犬の体格やケージの目的をもとに決めます。

表示された「中型犬用」といった目安を参考にしましょう。

ただし、実際に購入する際は、愛犬の体長などを確認する必要があります。

目的別では、移動用のゲージは伏せてぴったりのサイズが良いでしょう。

また、寝るときに入る場合は、犬がUターンできる大きさをおすすめします。

さらに、居住用ケージには、トイレとベッドが置ける大きさが必要です。

掃除のしやすさ

犬の生活環境を清潔に保つため、ケージの掃除は大切です。

犬が快適に過ごすことができ、かつ飼い主の負担にならないものを選びましょう。

例えば、天面が外せるものや、間口の大きいものが人気があります。

また、溝が少ないことや、水洗いできることもポイントです。

犬の生活様式によっては、トイレの設置や交換のことも考えてみてください。

耐久性

犬がケージの中で、大きく動いたときのことを考えてみましょう。

普段は落ち着いていても、不安を感じると動き回るかもしれません。

また、立ち上がって網や柵に前足をかける犬もいます。

そうした場合に、あまりに軽いケージや、たわみやすい網は危険です。

ケージごと転倒したり、隙間に足を挟むといった事故になりかねません。

安定感があり、接続部がしっかりとしたケージをおすすめします。

デザイン

扉の開く方法や向きは、商品によって様々です。

また、トイレスペースと居住空間が分かれているタイプもあります。

買う前に、使い方や置き場所を具体的に考えてみましょう。

また、室内用であれば、ケージが部屋になじむことも大切です。

自宅の壁や柱に合う色調のケージが良いかもしれません。

おすすめの犬用ケージ

アイリスオーヤマ ナチュラルファニチャー

小型~中型犬にぴったりのケージです。

木目調のデザインで部屋になじみやすいでしょう。

移動する際に、やや重いと感じるかもしれません。

しかし、造りがしっかりしていて安定感があります。

扉は観音開きのため、掃除やお手入れがしやすいのも利点です。

アドメイト ヴィラフォートサークル

居住スペースとトイレが分かれているタイプです。

そのため、トイレトレーニングに向いたケージといえるでしょう。

規格は、スモール、レギュラー、ワイドの3サイズです。

天井が着脱式のため、サークルとしても使用できます。

床に多少の溝があり、掃除しにくいと感じるかもしれません。

しかし、天井がすべて開くので、基本的には掃除が楽です。

MARCATO 折りたたみペットケージ

折り畳めるので、お出かけや災害時に重宝します。

また、家の中で、来客時や掃除のときだけ使うという方もいるようです。

モノトーンの本体とシンプルなロゴで、すっきりした印象があります。

そのため、リビングにおいても、視覚的に邪魔になりません。

サイズはMLがあり、Lで小型犬~中型犬にぴったりです。

プチリュバン ペットケージ

ケージのサイズは、MLLLXLXXLと細かく分かれています。

床が柔らかく、滑りにくい素材なので、犬の足腰にも優しいでしょう。

3ドアと、引き出せる下部トレイで、掃除が楽な点も高評価です。

たたむことも想定して、組み立てやすいシンプルな造りになっています。

ただし、ドアのロックがやや開いてしまいやすいようです。

押す力が強い犬の場合は、後付けでカギを足しても良いかもしれません。

アイリスオーヤマ リラックスケージ

ケージカバーがあるため、犬が落ち着いて過ごせるでしょう。

また、カバーを取れば、天面を外すこともできます。

さらに、キャスター付きで、移動が簡単です。

網はプラスチック製のため、錆びる心配がありません。

ただし、やや小さめなので、愛犬の体長を確認して選びましょう。

超小型犬であれば、休息だけでなく居住用としても使用できそうです。

まとめ

一口にケージといっても、素材やタイプはさまざまです。

また、愛犬の体格や性格によって、適切なケージは異なります。

愛犬の快適な生活のために、しっかり合ったケージを選びましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事