結石ができやすくなるって本当?犬にキャベツを与える際の注意点
スポンサーリンク

キャベツには、さまざまな良い栄養素が含まれています。
私たち人間には身体に良いとされますが、犬もキャベツを食べて大丈夫なのでしょうか?
そこでこの記事では、犬にキャベツを与える場合のメリットや注意点をご紹介します。

犬はキャベツを食べても大丈夫?

基本的には食べても良い

キャベツには、犬が中毒を起こす物質は含まれていません。

そのため、調理方法などに気をつければ犬が食べても良い野菜です。

ただし、犬は人に比べて食物繊維の消化能力が高くありません。

子犬や高齢犬、消化器が弱った犬に与えることは避けましょう。

持病がある場合は獣医師に相談を

キャベツには、犬の身体に悪影響を与える物質も含まれます。

とくに、腎臓や甲状腺に持病がある犬には与えないよう注意しましょう。

犬に持病がある場合は、獣医師に相談してから与えてください。

また、初めて食べる食材ではアレルギーの可能性もあります。

少量から与え、いつ何を与えたかをカレンダーなどに記録しておきましょう。

スポンサーリンク

キャベツに含まれる栄養素

ビタミン

キャベツには、豊富なビタミンが含まれています。

その中のビタミンCは、免疫力向上や鉄分の吸収を助ける栄養素です。

また、ビタミンKは骨の生成を助け、血液凝固を促進します。

そして、ビタミンUは胃壁を守る働きがあり、別名をキャベジンといいます。

ビタミンB群の葉酸も、赤血球や細胞の形成を促進する重要な栄養素です。

ポリフェノール

キャベツには、主に2種類のポリフェノールが含まれます。

ケンフェロールは、抗酸化や抗うつ、抗炎症などの作用が期待できる物質です。

融点は200℃より高く、水にはあまり溶けないと言われています。

そのため、調理しても大きく減ることはありません。

また、ケンフェロールより少量ですが、ルテオリンが含まれます。

ルテオリンに期待できるのは、抗酸化作用のほか、炎症抑制効果などです。

機能性成分

キャベツには、グルコシノレートという機能性成分が含まれます。

機能性成分は、生命活動に必須な栄養素ではありません。

しかし、犬の身体にも良い影響をもたらす可能性のある成分です。

グルコシノレートは、アブラナ科の野菜に多く含まれると言われています。

解毒や抗酸化を促進する働きがあるため、ガン予防などが期待できるでしょう。

犬にキャベツを与えるメリット

減量と健康維持

犬が肥満や高血糖、高脂血症になると、減量をすすめられることがあります。

そうした場合に、キャベツをドッグフードのかさ増しに使うのも1つの方法です。

ただし、キャベツは食物繊維が非常に多いため、消化に良くありません。

食物繊維量から考えると、1日に何グラムのキャベツを食べて良いのでしょうか。

摂取許容量は、(※)小型犬は28g、中型犬は50g、大型犬は89g前後が目安です。

犬の体格は、小型犬=5kg、中型犬=10kg、大型犬=20kgを基準にしています。

胃腸のはたらきを改善する

適度に食物繊維を与えることで、腸の動きが活性化すると考えられます。

また、ビタミンUには胃酸を抑制したり、胃壁を守る働きがあります。

そのため、犬が胸やけをしているときに症状の軽減が期待できるでしょう。

ただしビタミンUは水溶性で、熱にも弱いと言われています。

犬の胸やけを軽減する目的で与える場合は、生食がおすすめです。

おろしたキャベツの汁を、少量ドッグフードに混ぜるという方法もあります。

犬にキャベツを与える際の注意点

細かく切る

食物繊維の与え過ぎは、消化不良の原因となります。

また、食物繊維が便秘を引き起こす可能性もあります。

なぜなら食物繊維が絡み合い、腸内で球状になることがあるからです。

犬の負担を減らすため、キャベツは細かく切って与えましょう。

しかし、みじん切りは手間のかかる作業です。

そんなときは、ミキサーやおろし金を活用すると便利でしょう。

芯は与えない

キャベツの芯は、栄養が豊富な部位です。

しかし根に近いため、土から吸収した農薬が集まりやすい場所でもあります。

また、微量ながら犬が中毒を起こす硫酸イオンという物質が含まれます。

一度食べてすぐに症状が出る量には満たないですが、避けた方が安心です。

そして、葉に比べて芯は繊維が硬く消化に向きません。

犬に与える際は芯は取り除き、柔らかい葉の部分を与えましょう。

茹でて与える

キャベツには、シュウ酸という物質が含まれています。

シュウ酸は、犬にとって尿路結石のリスクを上げる物質です。

犬が尿路結石になってしまうと、手術が必要になるかもしれません。

また、甲状腺疾患のリスクを上げるゴイトロゲンも含まれています。

シュウ酸は水溶性であり、ゴイトロゲンは過熱で減少します。

そのため、どちらも同時に減らすためには茹でることがおすすめです。

まとめ

キャベツには、抗酸化作用のある栄養素が多く含まれます。

それらを効率的に摂取するには、生食のほうがおすすめです。

しかし、生食では結石や甲状腺疾患のリスクが上がると考えられます。

与える前に、愛犬の体調に合わせた与え方を検討すると良いでしょう。

必要に応じ、獣医師にも相談してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事