鼻水を垂らしたら要注意。犬の鼻炎の原因から予防方法まで
スポンサーリンク

犬の鼻は元気ならば湿っていますが、いつもと違い鼻水を垂らしているのであれば、体調不良を疑う必要があるでしょう。
犬も私たち人間と同じように、鼻炎になります。
鼻炎は、人間でもつらいものです。
また、鼻水はいろいろな原因から症状のひとつとして現れています。
ここでは、症状からわかる原因や予防についてをわかりやすくご説明するので、参考にしてみてください。

犬の鼻炎の原因

ウイルス性感染

ジステンバーやケンネルコフなどがあり、感染した犬の唾液・鼻水・糞尿から感染します。

真菌性感染

カビが鼻腔に入ることで、感染します。

発症の多い病気は、アスペルギルスやペニシリウムで、比較的若い犬がかかりやすいです。

鼻腔腫瘍

腺癌、軟骨肉腫、骨肉腫などがあり、そのほとんどが悪性腫瘍です。

歯周病

犬に多い歯周病では、重症になってくると鼻腔に感染して鼻炎をおこします。

アレルギー性鼻炎

アレルギー物質を吸引することによって、免疫が過剰に反応します。

異物吸引

散歩中に植物の種や家の中の小さなゴミなどを吸引してしまい鼻炎になるケースです。

Point
鼻炎の原因はさまざまで、大きな病気にも繋がる可能性があります。
スポンサーリンク

犬の鼻炎の症状

ウイルス性感染

鼻水・くしゃみ・発熱・などの症状が見られます

しだいに咳・嘔吐など人間の風邪と近い症状が確認できるため、日頃から犬のことをよく観察していればすぐに気が付くことができるでしょう

真菌感染

左右どちらかの鼻から粘性の鼻水が出てきて悪臭がしてきます。

また、痛みや鼻出血もともなって、まれに高熱や激しい頭痛がおこることもあるでしょう

鼻腔腫瘍

鼻水や鼻出血にくわえて、顔の変形もみられ、腫瘍が皮膚から表面にでてくることもあります。

比較的進行が早く進むので、疑いがあればすぐに精密検査を受けましょう。

歯周病

歯石の付着から歯周病になります。

重症化すると感染が細部にまでひろがり、くしゃみ・鼻水が出て顎下や頬に膿もたまってきます。

アレルギー性鼻炎

くしゃみ・鼻水はもちろんですが、皮膚の発疹・かゆみなども多くみられます。

Point
重症になる前に、愛犬の様子をよく観察しましょう。

犬の鼻炎の治療方法

ウイルス性感染

犬に、抗生物質や点滴などを投与していきます。

真菌性感染

症状が上顎に出た場合は、洗浄したり外科手術を行い、真菌塊を取り除きます。

鼻腔腫瘍

全身麻酔での放射線治療がもっとも効果が期待できるでしょう

症状をやわらげる目的で、腫瘍切開の外科手術を行うこともあります。

アレルギー性鼻炎

抗ヒスタミン剤やステロイド薬を投与し、症状をおさえていきます。

歯周病

歯石除去や抜歯の外科手術をし、重度になると入院して治療を行います。

Point
治療法は病気や進行具合で変わるので、獣医師とよく相談しましょう。

犬の鼻炎の予防

ウイルス性感染

感染予防には、ワクチン接種が一般的です。

他のワクチンと組み合わせた混合ワクチンも効果が期待できるでしょう

真菌性感染・鼻腔腫瘍

発熱、粘り気のある鼻水、血の混入した鼻水、鼻をこすりつけるなどを見かけたら早急に診察をしてもらうことをおすすめします。

アレルギー性鼻炎

アレルギー反応は、家ダニやホコリでもおこります。

家で一緒に生活しているならば、部屋を掃除をして清潔に保ちましょう。

歯周病

日頃から犬の歯や歯茎をきれいにすることで、歯周病の予防に繋がります。

いつも、愛犬の歯の状態を観察するのも良いでしょう

Point
予防は病気を防ぐだけでなく、早期発見にも繋がります。

まとめ

犬の鼻炎の原因は、さまざまです

犬は私たち人間と違い、身体に痛みや違和感があっても伝えることができません。

愛犬の観察をしていつもと違う様子なら、すぐ病院に連れていきましょう。

病気が重症化してしまう前に早期発見に努めることが大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事