犬がリラックスできるベッドはどれ?犬用ベッドの必要性
スポンサーリンク

ペットショップには、さまざまなタイプの犬用ベッドがあります。
たくさんありすぎて、どのベッドを買えば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?
この記事では、犬のベッドの必要性や、おすすめのベッドのご紹介をしています。

犬のベッドの必要性

温度調節を助ける

犬のベッドには、温度調節を助ける効果が期待できます。

そのため、季節に合ったベッド選びをしましょう。

寒い冬には、犬用ベッドは床からの冷え込み防止に有効です

ドーム型のベッドであれば、保温性はさらに高くなります

また、夏には接触冷感素材を使用した商品が人気です。

接触冷感素材には、化学繊維のほかジェル・アルミ・大理石などがあります。

ハンモック型やゴザ素材のベッドも、通気性が良いのでおすすめです。

安心感を高める

犬にとって、人といっしょに過ごす時間は大切なものです。

しかし、ひとりで休める時間も必要としています。

犬はゆっくりと休みたいとき、心地良い場所を自分で探して寝ることが多いです

慣れた匂いのベッドが決まった場所にあれば、犬も安心するでしょう

また、安心できるベッドがあると、新しい場所への順応もスムーズになります。

引っ越しや旅行先にも、寝慣れたベッドがあるだけで犬は安心してくれるはずです。

ゆっくりと休むことができる

犬は睡眠時間が人より長い動物です。

1日の大半を、寝たり伏せたりして過ごします。

その時間を心地良く過ごすため、ベッドを好む犬が多いです。

しかしベッドが小さいと、体を強く曲げて寝なければなりません。

また、ベッドが大きすぎると犬の身体に密着しないため、安心感が薄くなってしまいます。

ベッドのサイズ選びの際は、犬の体長をしっかりと測りましょう。

また、犬が普段どのような姿勢で寝ているか知っておくことで、その犬に合ったベッドを選ぶことができるはずです。

介護が必要になったときに

若い犬は、硬い床に寝ても大きな問題はありません。

しかし高齢犬になってくると、関節や皮膚が弱くなってきます

床ずれや関節のこわばりを予防するためにも、ベッドを使用すると良いでしょう。

高齢犬向けのベッドは、寝返りや立ち上がりをサポートできるように、高反発のものがおすすめです。

また、高齢犬になると横になったまま食事をしたり、失禁してしまうこともあるでしょう。

そうしたときには、清潔を保ちやすい防水素材のベッドを試してみてください。

防水素材であれば、汚れても拭くだけできれいになるので、犬も人も負担が減るはずです。

Point
犬用ベッドは、安心感・体の負担軽減のために必要。
スポンサーリンク

ベッドを置く際の注意点

犬用ベッドを置く場所

ベッドは、休息のための場所です。

そのため、日当たりや温度が頻繁に変わる場所は、望ましくありません。

直射日光や、エアコンが直接当たる場所は避けてください。

また、音や人の動きなどが気になると、犬がゆっくり休めない可能性があります。

出入口や窓、トイレ、階段からは離れた場所に設置しましょう。

人の動線から少し離れて、なおかつ犬になにかあったときにはすぐに対応できるよう、人が見えやすい場所に置くのがベストです。

ベッドに慣れるのを待つ

犬は、最初からベッド=休む場所と知っているわけではありません。

逆に、知らない家具が増えれば、警戒してしまうことがあります。

手からドッグフードやおやつをあげて、犬をベッドまで誘導するのも1つの方法です。

使い始めは、とにかくベッドに慣れてもらうことが大切になります。

人間がそばで見守り、慣れてきたようであれば、徐々に離れましょう。

また、犬がベッドにいるときに周囲のものを動かすと犬が驚いてしまうため、避けたほうが良さそうです。

こまめに掃除をする

ベッドの中は湿度と温度が高く保たれます。

そのため、カビやノミ・ダニの温床になりがちです。

また、子犬のうちはトイレを失敗してベッドを汚してしまうことがあります。

ベッドからおしっこのにおいがすると、子犬はそこをトイレだと間違えることもあるでしょう。

そのため、犬用ベッドは干しやすく洗いやすいものを選ぶことをおすすめします

具体的には、防水性がある物やカバーが付いているものです。

また、犬は嗅覚が敏感なため、ベッドを洗うときにはにおいの強い洗剤は絶対に避けましょう。

Point
犬用ベッドは静かな環境に置き、こまめな掃除が必要。
初めてのベッドに慣れるまでは見守ってあげる。

おすすめの犬用ベッド3選

Hero Dogペットマット

体を伸ばして寝る犬には、マット型のベッドがおすすめです。

犬は、寝る前に地面を掘るような仕草をします。

これは犬がまだ野生で生活をしていたころ、地面を掘って寝床を整えていた名残であるといわれています。

このベッドは丈夫で、引っ掻いても簡単には破れないでしょう。

また、通気性がよく丸ごと洗濯ができます。

裏面に滑り止めがついているのも、嬉しいポイントです。

サイズはXSからXXLまであるので、どんな犬種でも使用できます。

EMME ペットソファー

ボルスター型は1辺が開いているので、高齢犬も入りやすい形をしています。

犬用ベッドを選ぶ際、犬を労わるあまりフカフカすぎるベッドを選んでいませんか?

実はフカフカすぎるベッドは、寝返りが打ちにくく疲れやすくなるというデメリットがあります。

しかしこのベッドは高反発マットであるため、寝返りや立ち上がりをサポートしてくれるはずです。

もちろん、健康な犬も心地良く使用できるでしょう。

また、頭を支える首や肩が疲れるのは、犬も人も同じです。

ベッドの周りを枕にできるのも、マット型にはないメリットでしょう。

全面ファスナーなので、カバーが取り外せるところもポイントです。

BQKOZFIN ペットハウス

ドーム型のなかでは、少し入り口が大きなタイプのベッドです。

犬は本来、洞窟のような場所で休んでいたといわれています。

そのため、ゆっくり休むにはドーム型が最適でしょう。

しかし、口の小さいドーム型に入るのが怖い、という犬もいるはずです。

そうしたときも、入り口が広いこのベッドであれば、怖がることはないでしょう。

まとめ

犬用ベッドはさまざまなデザインがあり、可愛らしい見た目のベッドも多いです。

しかし実際にベッドを使うのは犬です。

犬の大きさや年齢で、身体に合うベッドは異なります。

犬のライフスタイルに合うベッドをべるように、日頃から犬がどこで寝ているか、どんな姿勢で寝ているかをチェックしておくと良いでしょう

スポンサーリンク
おすすめの記事