犬の芸の代表格!銃で撃たれて倒れる「バン」のしつけ方法
スポンサーリンク

よくテレビなどで目にする、犬に対して手で銃を作り「バン!」と犬に向かって打つと、犬が銃で撃たれたようにバタンを倒れる芸。
この芸を教えるのは、意外にも簡単です。
犬が快適に生活をする上でのしつけとは少し異なる、飼い主の自己満足でしかない芸ですが、「バン」のしつけ方法についてご紹介します。

「バン」のしつけ方法

事前に「伏せ」を教えておく

「バン」を教えるには、まず伏せのしつけをしておきましょう。

伏せができるようになった後、「バン」のしつけを始めます。

犬に伏せをさせる

まずは犬を伏せの姿勢にしましょう。

この際は「伏せ」のコマンド(命令)で犬が伏せたら、ちゃんと褒めてあげることが大切です。

「バン」のコマンド(命令)で犬にお腹を出させる

犬を伏せの姿勢にしてから、手で銃を作りながら「バン!」とコマンド(命令)を出します。

その後、伏せをしている犬を優しくひっくり返すようにし、お腹を出させましょう。

そして犬のことを思い切り褒めてあげます。

これを何度も繰り返すことで、犬は「バン」を覚えるでしょう。

嫌がるようであれば止める

犬によってはお腹を出すことを嫌がる場合があります。

そういったときには強要はせずに、無理して「バン」に取り組まないようにしましょう。

あくまで芸を教えるときにも、「人も犬も楽しく」しつけをすることが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

「バン」は犬の日常生活にはまったく関係のないしつけです。

「お座り」や「伏せ」のように、犬に必ず教えなければならないものではありません。

あくまで芸であることを念頭に置き、犬が楽しんで「バン」に取り組んでくれるようであれば、教えてみてもいいかもしれません。

ただし、嫌がるようであれば、犬との信頼関係にヒビが入る可能性もあるため、無理強いはしないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事